本の虫だった高校時代の淡い片思い!不労収入に目覚める

本の虫だった高校時代の淡い片思い!不労収入に目覚める

本の虫だった高校時代の淡い片思い!不労収入に目覚める

28歳既婚女性、パートタイムで教育関係の仕事をしています。

 

 

 

私は学生時代結構地味なタイプでしたが、それなりに良い思い出があります。高校の頃は、いつも図書室に入り浸っていました。ちょっとませた高校生で、クラスメートが少し子供に見えたので、一人で読書しているのが一番好きでした。

 

 

 

図書館の閲覧コーナーは大きな窓に面していて、明るい日差しが燦々と差し込んでいました。無邪気に騒ぐ生徒たちの声も届かない、静かで心地よい場所でした。

 

 

 

その図書館で、私は色々な文学作品に触れることができました。テスト前には、放課後図書館に残って勉強することもありました。

 

 

 

 

クラスメートとは少し距離のあった私ですが、先生たちに良くしてもらえたのでそれもまた嬉しかったです。

 

 

 

職員室や廊下で会ったときに先生たちとおしゃべりしたり、本を貸していただいたりと、心の暖かくなるような交流がありました。中学までは学校の先生が正直好きではありませんでしたが、高校の時の先生は良い方が多く、尊敬していました。

 

 

 

 

 

そして、国語の先生に恋をしました。その先生は既婚者なので、絶対に実ることのない片思いでした。

 

 

 

学校でその先生に話しかけられると、舞い上がるほど嬉しかったものです。帰り道、先生の言葉や表情を思い出し、一人ニヤニヤしていました。

 

 

 

 

他のクラスメートも彼のことが好きだと聞くとなぜか苦しくなりましたが、先生は既に他の女性のものなのだと思うと不思議に安心したものです。

 

 

 

私はただの生徒ですし、それに妻子持ちの男性に手を出す気など皆無で、ただ先生に対して好きという気持ちを抱くことができるだけで幸せでした。

 

 

 

 

今当時を振り返っても素敵なことばかりで、楽しく幸福な片思いでした。もう二度と、あの切ないけれどとっても甘い気持ちを味わうことはできないと思います。

 

 

 

今では私も結婚し、昔の恋を思い出すことも少なくなりました。でも、本屋さんで先生の好きだった作家の新刊を見かけると、つい手にとってしまう自分もいます。

 

 

結果を出すためには不労収入でお金を稼ぎながら、違う視点を常に考える必要があると思っている。

 

 

理想的な話を言えば労働時間10時間でも良いから目の前に夢中になれる環境を用意して、自分にとって仕事だと割り切ってやりきる事だと思いますね。

 

 

不労所得が一番わかり易いサイト

 

 

 

不労所得を目指す事はサラリーマンじゃなくて、会社員関係なくて、できれば学生の間から変なテスト勉強するぐらいなら
不労所得をどうやって仕組み作りができるかを勉強した方が個人的には伸びしろが高いと思うんやけどね。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ